ウォーターサーバーをレンタルする前に知っておきたいQ&A

54

簡単に美味しい水を飲むことが出来る、それがウォーターサーバーのいいところ。
そんなウォーターサーバーがレンタルで簡単に手に入るのを、皆様ご存じでしたでしょうか?

 

いまやレンタルはどの業界でも当たり前の世の中ですよね。

レンタルのいいところはコストパフォーマンスに優れている点

最小限のランニングコストで高価なメーカー自慢のウォーターサーバーを各家庭で使用出来るところにあります。

レンタルはコストパフォーマンス的にも一押しです。
昔なら欲しい物は購入して使うというのが当たり前でしたが、現在は必要な時期にレンタルして使いたい時期にのみ使うというのが今のユーザーのスタンダードニーズです。

企業もウォーターサーバーを売ろうとはしていません。高品質で高価なものをあえて販売するなど目指していないのです。
ウォーターサーバーは水がメイン。それが流通してこその価値がありますから。

ウォーターサーバーは水が最重要項目というのを誰よりもメーカーが熟知しているので、あえてレンタル契約に持って行き、その便利さを実感してほしいと積極的に売り込んでいるのです。

 

ウォーターサーバー Q&A!

Q ウォーターサーバーのレンタルは面倒じゃないの?

A いいえ、皆様ウェブで手続きされて効率よく利用されています。
簡単に契約できる上に乗り換えも可能ですし、場合によっては乗り換え用の料金を負担してくれるメーカーなども多いですよ。
いわゆる携帯電話やスマホなどと似ていますよね。ドコモからソフトバンクに乗り換える。乗り換えた際には○ヶ月無料!や、○ギガ付いて来る!などのキャンペーン内容がありますからね。
たくさんメーカーが存在しそれぞれがお客様に試して頂きたいと色々なキャンペーンもされています。敷居が低く契約の仕方も簡単になる一方です。最もこのレンタルという仕組み、初めて利用されるユーザーにとっては理解できない部分もございますよね?
一見面倒に感じるシステムですが、水を通販で購入した分だけで、他はレンタル料や送料など0円にしているところが多くあります。

 

Q 使っていたサーバーの故障など大丈夫でしょうか?

A 借りたものを壊してしまった場合どうしようか?高額な違約金が発生しないだろうか?と心配される方も多いようですね。

普通に発生しそうな故障や事故については最初の契約によく目を通す必要がありますが、基本的に頑丈な機械ですので簡単に壊れることはありませんし、そのあたりのサポートは各社しっかり保証されているようです。
契約の際に複雑な契約書のやりとりが必要になるのでは?とか、契約書の内容を理解していないがために予定外の出費を余儀なくされるケースなどあるのでは?など、あれこれ不安になってしまいますよね。
それも心配無用です。ネットで色々調べて頂ければ理解できますが、多くの人がそのシステムを愛用し、多くの口コミでもその利便性は評価されています。意外に簡単、便利、とネットで注目されており、レンタル活用しやすく、理解しやすいウォーターサーバーの説明がウェブサイトでアップされています。
一般の方に誤解されないようにレンタルの良さを理解しやすく説明しているウェブサイトがほとんどです。全てにおいて初心者でも安心で使って頂ける配慮がされています。

 

Q ウォーターサーバーを初めて借りる時に気を付けることはありますか?

A それではこちらのサイトをご覧になっているウォーターサーバー初心者の方に少しコツのようなものを伝授しておきたいと思います。
ウォーターサーバーレンタルは今や大半がネットでのやりとりで依頼完了もできて、レンタルの手続きも出来るのが一般的です。
非常に便利なのですがここで気を付けたいのが「あなたの本当に欲しい水はどれか?」加えて「サーバーはどれがいいのか?」「どのようなタイプのウォーターサーバーが好みなのか?」と、当然の事ですが自分の希望をしっかりと思い描くことです。
ネットを見ていてサーバー各社の説明文を読めば読むほど当初の希望ではなかったウォーターサーバーに行き着くケースがあります。ネットを見続けているとつい麻痺してしまうのです。
まず自分の希望の物があったら最初に決めておいて、他にも好みが出来たとしたらそれも紙にメモをする。そして翌日に改めて「これがいいか自問自答」されるのがいいと思います。
ネットではページを見る度に新しい画面が出てくるので、どうしても誰もがつい目移りしてしまいます。
ネットの写真ではウォーターサーバーの写真の横に印象度アップを狙ったインテリアが置かれてあったり、背景にはリゾート地の写真や、太陽や青い空の写真が使われていたり、女性のモデルがポーズを決めていたりと、イメージ的な写真やツールが散りばめられています。
更に気を付けたいのが、実物の写真、トリミングの比率やバランスなどで、誤解を生むような写真の使われ方が日常的に見られる事です。
油断していると家に配送された時に「この程度の大きさだったのか…」と愕然とするケースがあります。

 

逆のケースも想定できます。サイト上の写真では部屋の隅にでも置けそうなコンパクトサイズだと思っていたら、予想より遥かに大きくて、部屋のスペースに無造作に置かれるようになってしまった場合などの問題もあります。
いずれの場合もサイズを記したページがすぐに出てくればいいのですが、よほど読み込まないとサイズや色は見つけられないですし、コストパフォーマンス、さらには補給の方法などチェックしておきたいポイントはたくさんあります。

 

自分に合ったウォーターサーバーを…

今話しただけのことを各社サーバーメーカーで確認しなくてはなりませんが、公式ページでは見つけ辛いところに書かれています。企業に複数の商品がある場合は判断付き辛いケースが多々あります。
皆様が求めるのはウォーターサーバーなのですから、ウォーターサーバーが自分の部屋に届いた時をイメージしてみてください。部屋のどの場所に置くのかイメージを膨らませてよく考えておくことです。
またウォーターサーバーに関していえば、基本的に電源が入ったままですので、深夜にヒーターなどの電気が入って微音がする場合があります。小型の冷蔵庫のような感じで考えればよいかと思います。
いつも音が鳴り響くわけではないのですが、そういった音も響くなど、ある程度想定しておくべきです。

メーカーは結局コスト的なアピールが中心になりますので、機能的な自分のライフスタイルにあった物を選ぶ目は昨今のネット社会では必要とされますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です