ウォーターサーバーならお湯もすぐに作れ、赤ちゃんのミルク作りに最適

53

水の安全性

大事な赤ちゃんへ安全な水を…とママなら誰もが考えることです。
特にミルク作りに最適な水については責任重大!配慮は欠かせてはいけません。

新人ママさんにとって水への疑問は膨らむ一方だと思いますが、大事な赤ちゃんに安全な水で育って欲しいと思うのは当然なことです。
ご存じの通り水に関してはここ十年ほどで状況は変わりました。日本国、そして人類史上かつてないほど水への関心は高まっています。

いうまでもなく人間の体の半分以上は水分でできています。
そしてその水分は口にしているものから取り込んでいくものであり…日本人の寿命が世界的にも高水準であるのは医学発達以外にも理由があり、その一つに良いお水を飲んでいるからという説まで流れています。

日本食、和食と水にまつわる食品が世界的に脚光を浴びていて、日本人ですら水への注目が高まるほどです。高齢化社会へ向かって低年齢から摂取する水で健康な体を作り、高齢になってからも病気になりづらい体を維持していく…日本人永遠のテーマと言えるでしょう。

日本において水への配慮はいつの時代も必要不可欠なのです。
昔から水を大事にしてきた日本人ならば、なおさら「水」への関心は強くなって当然で、性別、年齢関係なく、水への取り組み次第で生活はもちろん、人生も有意義なものに替えられると考えても過信ではありません。

世間の「水ブーム」は赤ちゃんにとっても好都合だといえますね。
ママさんならば人間の体を形成していく乳幼児の時期から成人になるまでの幼少期に口にするものが人間の体格を形成していくというのは、母子手帳や赤ちゃん雑誌などで目にされていると思います。

パパさんにとっては「それぐらい知っている」と生返事で交わされそうですが、幼児期に口にするものが成長期に大事なのは、ママの方がよく理解されているはずです。

子育てにウォーターサーバー

便利なものも近代的になってきています。
赤ちゃんのミルクを作るために「調乳用ポット」というのが数年前ありました。これがしばらく多くの赤ちゃん世帯に普及していた時期があります。
ミルクを作るときの適温やあるいは少し高めの設定にして粉ミルクを溶かしやすい温度での保温にしてある小型のポットです。

便利は便利ですがこの調乳ポットも最近では使わない家庭も多いです。
調乳ポットはその名の通り授乳期の赤ちゃんのために使われるものであり、赤ちゃんが成長すれば家庭用のポットがあれば事足りるので、調乳ポットは使う場面がなくなってしまいます。

赤ちゃんがミルクを卒業する年齢になると、必要無いものになってしまう訳ですね。
最初から調乳ポットを使わず、家にある普通のポットでミルクを作っている子育てママの方も多いと思います。
調乳ポットはそれだけ使い方が限定されてしまいます。市販のポットはどの家庭でもあるはずですから、そちらでミルクを作った方がお金を使う必要もないのでいいですよね。

以前からポットの中にはぬめりや雑菌などが貯まりやすいという話はよく聞かれました。ポットの中はかなり高温になるので大丈夫そうに思えるのですが、それでも雑菌が生まれたりするようなのです。

ポットの中のぬめりは確かにありますが、定期的に洗えばなんとか清潔な状態がキープされそうです。しかしいざポットを洗うとなると、とても面倒に感じることも多いようです。どのタイミングで洗うかといったことも気になります。調乳ポットは徐々にではあるのですが使用家庭は減ってきているようです。

では調乳ポットの代用は何でされているのか。もちろん普通の湯沸かしポットでも代用可能です。ただ湯を使いたいというだけならば、うまく白湯と調合して、粉ミルクを溶かすお湯と白湯とで作り上げることはできます。

慣れれば簡単ですが、ミルクを作る時に少し神経を使います。赤ちゃんに飲ませるためのお湯ですから、調合を間違って熱めにならないか…それだけ気を付けなくてはなりません。子育て中のママにとっては、あれこれ気持ちが休まる時がありません。

そんな状況もあって、最近子育て中の家庭にポットの代用として注目されているのがウォーターサーバーです。ミルクを作るのにも好都合な温度も分けられていて、冷たい水と熱めのお湯もそれぞれ出るタイプが主流です。

このタイプならばミルクを作る時に温度を誤って間違える不安は解消されそうです。
赤ちゃんのためにウォーターサーバーなんて?!
高価だからうちは無理…など不安になるママさんも多いと思いますが、赤ちゃんの調乳のためだけに「パパ、赤ちゃんのためにウォーターサーバーを買おうよ」とはなかなか切り出しづらいものですよね。

でも策はありますよ(笑)
「毎朝入れるコーヒー用だとか、水割り用の水、おいしい食事を出してあげたいし」といった別の理由をつけて、パパさんへのプレゼントと伝えながら「ウォーターサーバー」の話を切り出すのはいかがですか?
その後に本題の「ちょっとした水への話題、赤ちゃんへの水の重要さ」も伝えてみれば間違いないと思いますよ。日頃、子育てに無関心なパパさんも「自宅にウォーターサーバーがあってもいいな」と話が盛り上がるかもしれません。

赤ちゃんが使用する調乳ポットは、ミルク用へ水を温めておくのが目的ですので、水を浄化するといった効果は、明記されていない限り濾過したり水自体を美味しくする効果はありませんでした。
そう考えれば、パパさんへ子育て意識を高めていくためにも、家庭にウォーターサーバーを置く提案もいいかもしれません。健康志向が強い旦那様、経済的に難があっても子供を重要視する旦那様であれば、なおさら快く話を聞いてもらえるかもしれませんよ。

それを如実に表しているのが高機能、高品質、安全、安心の「ウォーターサーバー」の開発ラッシュなのです。そういったウォーターサーバーの内容を吟味してそれぞれの家庭にあった使い勝手のいいタイプを選んで欲しいと思います。

子育てで忙しいママにとってミルクを作る時間の短縮はストレスの軽減にもなります。ウォーターサーバーを自宅に設置するだけで、家族皆が幸せになっていくイメージが湧いて来ませんか?
ちなみに赤ちゃんが大きくなってミルク使用が無くなったとしても、ウォーターサーバーは活躍を続けてくれるでしょう。赤ちゃんが乳児から幼児に成長しても、違う使用用途がきっと出てくるはずです。

今後の子育てを楽しむためにもウォーターサーバーを活用してみるタイミングかもしれません。子供が大きくなってからウォーターサーバーを導入する考えの方、それでは遅いと思いますよ。
授乳期の赤ちゃんのいる今、自宅にママが笑顔でいてくれれば、おのずと赤ちゃんも笑顔になっていきます。連られて旦那様もそうです。家族皆がハッピーな気持ちでいられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です