ウォーターサーバーと浄水器の違いやコストを知りたい!

1

コストはどれくらい?

ウォーターサーバーが多くの家庭に普及しています。そのうち一家に一台ウォーターサーバーの時代になるのでは…くらいの勢いで水は売れているようです。

スーパーなどで購入することを考えるとかなり割高になるらしいのですが実際はどうでしょうか?ペットボトルなどで購入することを考えると、やや割高感はあったはずですよね。

それでもウォーターサーバーの方が安全で安心、しかも美味しい水をそれも好きな時に、自宅に届くというので、普段から興味のあった女性が「今が買い時♪」とばかりに水を購入し始めた…そのような裏側があるようです。確かに便利ですものね。

しかしどの家庭もウォーターサーバーを導入できるかと考えた場合そういう訳にはいきません。美味しい水に魅力を感じつつも、そこまでお金は掛けられない家計の都合もあると思います。

できれば安く上げたいと思うのが世の奥様方の気持ちだと思いますが、本当にウォーターサーバーは割高なのでしょうか?少し疑問を持つのは私だけでしょうか?というのも今は宅配水のビジネスは過当競争なのです。つまり買い手市場になっていまして、買い手が希望の水を安く手にいられる時代になっているのです。

 

価格の競争が激しく、こちら側消費者が賢く選べば美味しい水を安く手に入れられる、そういう時代に突入しているのです。

それではウォーターサーバーの場合のコストパフォーマンスをザックリとですが計算してみることにしました。サイトでは業者間のコストの安さを比べるために、 水1リットルあたりの単価を計算することにしてそれを比較することにしました。ちなみにウォーターサーバーの費用は大きく分けて3項目ございます。

まず第一に水自体のコスト、第二にウォーターサーバーのレンタル料金、第三にメンテナンス料といった感じでしょうか。傾向としてはサーバーレンタル代が有料のところは水が安めに設定されていて、 逆に水が高いところは、サーバーレンタル代が無料に設定されていたりするといった傾向があります。

 

つまり水の値段だけで比べてみても、サーバーレンタル代だけで比べてみても、全てがバランスよく安い業者でないと、 本当にコストが安いとは言えません。そこで上記3つの費用を考慮に入れて比べるのがベストだと断言します。

(注)途中の計算は省きます。
毎月購入していくとした場合、1リットルあたり約100円から150円ぐらいの間で推移するようです。たくさん消費すれば1リットルあたりの単価も下がっていきます。更に最初の約束より早く契約を切ってしまうと違約金がかかりますのでコストは上がりますが、そのあたりは最低限契約を続けることを想定します。

色々リスクはありますがそれらは無視して計算していきます。水代とサーバーレンタル代のバランスを考えると大変なので、1リットル単価だけに着目して比べて頂ければ、ある程度価格が安い業者も探せます。

宅配の水は想像以上に安くて、確かに1リットルあたり100円とは普通のペットボトルの天然水より高いのですが、それでもペットボトルを持って帰ることを考えればありがたい価格帯といえます。

ただしウォーターサーバーの電気代がコスト的には掛かってしまうので、それを考慮しなくてはなりません。自宅で既にポットを使用している人は理解できると思いますが、ポットがウォーターサーバーの代わりになるとも考えられます。

温水にしたり、冷水にするなど、意外にコストはかかるという状況です。便利なサーバーだからといって全て安いという訳ではありません。事前に電気代がどのぐらいかかるか調べておくことが重要です。一台で月1千円から2千円の電気代が掛かると考えて間違いないでしょう。

 

 

 

ウォータサーバー以外の選択肢

一方ペットボトルの天然水も今ではスーパーでの売れ筋になっています。2リットルのペットボトルで100円程度が標準価格のようで、安売りのスーパーはもっと安く売られているケースもあります。

コスパだけを考えればかなりお安く手に入るようになりましたね。2リットルのペットボトルだけでも重いのですが、これが数本など一度に購入するとなると持ち運びはかなり負担になります。それが短所ですがコストにこだわる人ならば、十分選択の余地はありそうですね。

ペットボトルは料理に使う時だけ購入するといった家庭もあります。カレーなど作る時にはペットボトルの水がちょうど良いという話も聞いたことがあります。人それぞれ水のイメージはあるようですが、料理に使う人はペットボトルの方が豪快に使いやすいというイメージがあるといえそうです。

ウォーターサーバーやペットボトルなど「天然水」や「ミネラルウォーター」を購入するという発想に対して、意外に根強いのが「浄水器」ユーザーです。蛇口に取り付けて、一般家庭に繋がっている水を美味しく飲もうというのが「浄水器」のありがたいところです。

リーズナブルで美味しい水を飲める訳ですから一般家庭で普及してきました。そんな浄水器事情も最近は変化がみられるようです。

 

最近の浄水器は本当に良くできています。昔ならば取り付けできる蛇口の種類によって取り付けが難しい、あるいは簡単に浄水器が外れてしまうといったこともありました。しかし今はあらゆる蛇口の形に合わせてパッキンなどが封入されており、ほぼ全ての蛇口に取り付け可能になっています。

口コミでは浄水器に率直な感想も書かれていますが、全て鵜呑みにするのは危険だと思われます。というのも浄水器は使用期間が決められていて、取り付けたばかりの時はその浄化作用は最大限生かされますが、徐々にその効果は低下してきます。

取扱説明書に書かれた時期に交換しないと、装着している意味がなくなるどころか、浄水機内で汚れが溜まって逆効果になる可能性もあります。浄水器に日付の記入場所がありますので、間違いなくカートリッジを交換してください。

気になる浄水器のコストパフォーマンスですが、最近の高価な物で3,000円あたりで購入できます。これが使用可能期間半年ほどと言われていますので、月500円ぐらいのランニングコストといってもいいでしょう。

無料でウォーターサーバーを借りるといっても、水の宅配で購入しなくてはなりませんし、毎月の水の購入ノルマがあるメーカーもあります。さらに途中で解約すると違約金がかかるメーカーも多いですし、コスト面やお手軽さを考えれば浄水器の方が水道を利用するという点で断然お得といえます。

 

原産地から直送される水の価値は水道水を飲んでいるのとは全く異なるといえます。うまみも違いますし別物と考えてもいいでしょう。単純にコスト面だけで比較するのは難しいと思われます。結論を出すのは難しそうですね。

ここまで話をまとめると、宅配水、ペットボトル、浄水器の水と一長一短あるというのが理解できます。ウォーターサーバーがレンタルされるのが魅力で宅配の天然水。リッチな感覚も味わえるし、コストは割安な上「ちょっとした買い物」をした感覚がありがたいです
女性の多くが「ウォーターサーバー」を自宅におけることへの充実感を感じられるようです。そして、それぞれの利点を生かして、適材適所で使い分けている奥様もいらっしゃるようです。まさに水における三段活用といったところでしょうか。独自の使い分けテクニックも考えてみたいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です