水道水

water

私たちの最も身近にある水道水ですが、日本では国が定めた水道法という法律に基づき、管理されています。
日本では水道水に関して厳しい基準を定めているので、世界の水道水に比べてはるかに安全な水質です。

しかし、水道の配管が古かったり、マンションやアパートの貯水槽が手入れされていないと、水道水に雑菌やサビなどが混ざってしまうこともあります。
それによって健康被害が出ることは日本ではほとんどありませんが、もし気にするのであれば、浄水器やウォーターサーバーを利用するのも良いでしょう。

水道水は各都道府県に多くの浄水場があり、現地の水源からくみ取ったものをろ過・殺菌して各家庭に送られています。
主に河川や湖からくみ取っていますが、そのほとんどは生活排水を含んでいるため、そのままでは使用できません。

河川などの水を飲み水にまで出来るように、ゴミを取り除いたり、バクテリアや塩素による殺菌・浄水が行われています。
日本では水質の安全を確保するために、水道水に塩素を混ぜることが法律で定められています。
これが、水道水特有の「カルキ臭」をもつ原因となっています。

地方や都会によって水源が異なるため、浄水場によって味などが違ってくることもしばしばです。
全国共通でいえるのは、塩素を含む配分や浄水場の発達により、水道水が昔よりはるかに飲みやすくなっている、ということです。

a012-img006
東京都:朝霞浄水場【出典:http://www.kyocera.co.jp/

最近では、毎日水道水の水質を調査・公開している水道局もあるようなので、チェックしてみてもいいでしょう。