純水

berlin-1217418_960_720

純水とは、不純物を全く、あるいはほとんど含まない、純度の高い水のことです。
水道水の中には、殺菌の目的で純水は採用されていません。
一般的な水道水の中には、
・塩類(カルシウムや炭酸ガスなど。目には見えず、主にイオンの状態で溶解している)
・残留塩素(水道水には殺菌のため、残留塩素の存在が義務付けられている)
・有機物(微生物の残骸など)
といったものが含まれています。

純水は、これらのうち主に塩類や残留塩素をほとんどすべて除去された状態のことを指し、不純物を取り除く方法によって、次のような名称で呼ばれます。
ちなみに、水道水を単にフィルターでろ過、または活性炭を通しただけでは純水とは呼べません。

RO水

RO水(Reserve Osmosis)は、浸透圧とは反対の、大きな圧力をかけることで「逆浸透」を起こさせる技術を用いて作られた水のことです。
何やら難しいですが、簡単に言えば「膜を通して水をミクロレベルでろ過する」ということです。
セシウムなどの放射能物質レベルまで除去できるので、RO水は疑いようもなくきれいな水です。

しかし、水に元々含まれていたミネラル分までろ過してしまうので、美味しい水とは感じにくいのです。
メーカーによっては、おいしさを出すためにRO水に人工的にミネラルを添加することもあります。

脱イオン水

脱イオン水とは、イオン交換樹脂を通して精製された水のことです。
水には、カルシウムやナトリウムといった陽イオンや、塩酸や硝酸といった陰イオンがごくわずかですが含まれています。
もちろん、私たち人間が飲む分には何も問題はないのですが、医療や科学実験、半導体の洗浄などに用いられるときに、イオンが残っていては重大な事故などにつながりかねません。
そこで、水をイオン交換樹脂に通して精製する必要があるのです。

どうしても水は、何かを洗浄するときや何かを液状にするときに欠かせないので、脱イオン水は必要不可欠なものなのです。

蒸留水

蒸留水はより生活に身近な純水です。
やかんでお湯を沸騰させて、出てきた水蒸気を再冷却して出来た液体が蒸留水です。
水道水などに溶けている物質をほとんど排出するため、蒸留水は雑菌が繁殖するのを防ぐことが出来ます。

蒸留水は水を沸騰させるため、水と沸点が近い物質や、水と強く結びついているイオンまでは分離することが出来ません。