発泡水

alcohol-1239339_960_720

発泡水とはいわゆる炭酸水のようなもので、ヨーロッパでは日常的に飲まれています。
炭酸水との違いは、
・ミネラル分が多い
・二酸化炭素が自然に含まれている
・炭酸水に比べて炭酸が微弱
ということです。

発泡水には炭酸水同様、血行促進作用があり、冷えの改善や疲労回復などの効果が期待できます。
発泡水の炭酸に含まれている「重炭酸イオン」が、疲れの元となる乳酸を中和し、体内を中性に保ってくれる働きをして疲労を回復します。
血行促進作用により基礎代謝が上がり、美容やダイエットにも効果が期待できるのも炭酸水と同じです。