停電、災害時の<水>

30

 

Q 停電した時にウォーターサーバーは使えるのですか?

A ウォーターサーバー使用していて、気になるのが停電の時や、不測の事態の時いったいどなるのか?

サーバー自体は使えるのか?全く使えないのか?のところだと思います。

 

以前の原発事故を含めたくさんの<地震での災害>があり、さらに<土砂災害>、<火山噴火>など、日本ほど自然災害の多い国はないと思えるほどです。自然災害があるたびに避難されたりしますが、場合によっては長期間の避難を余儀なくされる場合もあります。

そしてその時必要となってくるのが水です。

 

(緊急事態に便利なウォーターサーバー)
飲み水は言うに及ばず、小さな赤ちゃんのいらっしゃる家庭では水は必要不可欠なものですからね。そういった側面もあって、健康や美容のための水ブームと、災害に対する備えとしての安全な水の備蓄の意味もあり、ウォーターサーバー>のシェアが伸びたとの側面もあります。

そうなると気になるのが自然災害の時、ウォーターサーバーが使えるのかという点が気になります。水道はさておき、電気が各家庭に行き届かないと少なからず影響は考えられます。水道が使えないほどの緊急事態の時には、停電も当然ながら想定されます。

結論から言いますと、ウォーターサーバーの種類にもよりますが大半のウォーターサーバーの水は出てきます。ウォーターサーバーの上部に水をセットするタイプは、そのまま水が本体を流れて吸水口から出てくるのです。

つまりは水が出てくるその流れ自体に電気は使われていないようです。これに関しては少し安心できますね。ただ冷却や暖めには影響があります。中に補給されている水は、停電してしまいますと冷却する機能と暖める機能が使えなくなります。

その結果、吸水口からは常温の水がそのまま出てきます。場合によってはお湯が欲しい場合や冷水が必要なケースもあろうかと思いますが、停電になるとそこまでは難しいようです。もちろん一時的な緊急時のための水としては十分使えます。

 

安全性においても数日間ならば全然問題ないようです。例外として、形態としてはウォーターサーバーの水が下部に設置されているタイプは、下にある水を上部に送り出すポンプによって水は供給されます。つまり電動式のモーターがあるので水の供給自体もストップしてしまうという訳なのです。

そのタイプの物は停電すればウォーターサーバーから給水はされなくなります。ウォーターサーバーの形態を見るだけで事前にある程度想像できます。だいたいのメーカーの物は使用できるのですが、念のため使用可能かどうか各メーカーに問い合わせされた方が間違いはありません。

 

 

Q 停電した時の水質に問題は起こってしまいますか?

A ウォーターサーバーの構造は言うまでもなくすばらしいです。ほとんど空気が入る余地がないほど密閉されている設計となっています。ワンウェイ方式ならば、ほぼ空気の入る余地はないのですから水質が急激に落ちることはありません。

元々水質に影響が起こるような水温になることも考えられないですし、元々きれいな水なので、普通に数週間ぐらいは大丈夫だと思われます。ただしメーカーに尋ねてみると停電の状況にもよるので、ハッキリ何週間ぐらいまで大丈夫といった具体的な期間は言われないと思います。新しい水ほど保存に耐えうるのは間違いありません。

 

(電化製品の普及した日本)

日本ほどインフラが整備されている国は少ないと思います。家庭の至る物に家電製品はかなりの数に及びます。戦後間もなくからテレビ洗濯機冷蔵庫から始まり、ありとあらゆる物が電化製品として普及しております。

現在の日本国民は本当に便利さを謳歌できている生活を行っています。しかし便利であるが故に、いったん電気が途絶えてしまうと使えなくなる家電が多い事にも驚かされます。当然の話ですが、蛍光灯といった照明関係は使えないですし、日常意識しなくて良かった冷蔵庫が使えなくなると食料品がピンチになります。

更に意外なところでは風呂の給湯など、お湯を出すのにも電気が必要なところが多く見受けられます。コンロをIHにしていると、電気が通らないと料理ができないことになります。

停電する事で日頃の便利さを逆に再認識してしまうケースも多いのです。そういう意味ではウォーターサーバーが停電時も使えるのはありがたい話だと感じますね。

 

Q 緊急時ウォーターサーバーを有効利用するアドバイス的な物はありますか?

A 停電時でもウォーターサーバーを使えるのは嬉しい限りですが、災害緊急時、もし数日間でもインフラが復旧しなければ水こそが生命線となり兼ねません。緊急時になればなるほど希少な水を有効に使いたい訳ですが、サーバーを更に有効利用するアドバイス的な物も考えておきましょう。

緊急時になるとどのような状況でも水は必要不可欠になってきます。夏なら常温の水でも汗を流すためには十分使えます。一度にたくさんの水を使う事も憚られる状態でも、サーバーを有効利用したいならば、一にも二にも水のストックを十分に用意しておくことに尽きます。

サーバーをレンタルした時点でしばらくは水を使うのですから、少し多めに発注し取り置きしておくのも一つの手ですね。それだけで無くなりそうになったら新しいボトルを購入して、手元に幾つか水を残すようにすればベストだと考えます。

その時のもしもに備えて多めに水を購入しておくと、断水などで水が止まった時にも慌てずに利用することが出来ます。ただし水にも賞味期限はあるとはいえ、備蓄用にボトルを備えておくこともできますし、新しく届いた水とうまくシフトさせていき、常に新しい水を用意しておくのがベストでしょう。

(生きていく上で必要になる水)

一般的に人間が生きていくために必要とされる飲料水1日1人約2~3リットルとされています。また大規模災害が起こった時に緊急の給水が行われるまでの目安日数がだいたい3日前後なので、もしもの時に必要な水の量は家族の人数×3×3で1人あたり9リットルの水があれば大丈夫だろうと思われます。

多くのウォーターサーバーのお水は12L前後の量ですので、4人家族ですと約3本(36L)の水のストックは確保したいところですね。あと夏場の災害になると、停電と共に昼夜問わず酷暑にさらされる事が容易に想定できます。

飲み水はもちろん必要となってきますが、それ以外に体を冷やすためにかなりの水が必要となってきます。緊急時の水は多くて邪魔になるという事はありません。災害時に清潔な水がある安心は何物にも代え難いと思います。

取り置きは「いずれ使う水」なのですから、コスト的にも全然問題ない料金で安心を買える事になるかと思います。家族の安全を第一に考えるのであれば、準備万端の状態を心掛けてください。
トータル的に考えても停電ウォーターサーバーにとってそれほど怖いものでは無さそうですね。ただどうやって停電になったのか?の方が心配です。何度も言うようですが、日本は災害が絶えない国で、予想を超える被害が襲ってくる可能性はいつでも隣り合わせなのです。常にそうなってしまった時の事を考えて、どうか毎日を安全にお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です