ウォーターサーバーの損をしない選び方

31

 

安さがすべてじゃない

ウォーターサーバーの設置を初めて考えている方、そしてウォーターサーバーを設置済で、今回新しく会社を替えてみようという方、多数いらっしゃると思います。

しかし皆さんの大きな悩みは
「いったいどのウォーターサーバーを選べば損しないだろう?」
ということではありませんか?

逆に
「どこのウォーターサーバーが一番お得なのか?」
と色々な情報を知りたいはずです。

決して安い買い物ではないウォーターサーバー。
「○○無料!」「○○無料!」「○○無料!」と各社のホームページには載っていますが、契約して月々の請求額を見てみると…驚き!
これは利用者の一番の計算違いの部分ですね。

だからといって安さにこだわって、お水の本質を知らないのも困る。
できることなら美味しいお水の方が良いに決まっている。
夫・妻と意見が割れる…

多くの悩みを抱えていて、ウォーターサーバーの購入に待った!が掛かっているご家庭も多いのではないでしょうか?
当然のことです。
損をしない、お得に済まされれば…とは誰もが考えることですよ。

利用者予定の全ての声を拾って、家族みんなでディスカッションしてください。
5人のご家庭なら5人で家族会議するべきです。
そのくらい大袈裟に考えてくださいね。

損をしないように…とお金の理由もそうですが、何より第一に自分の体内に入っていくお水のことですからね。
人生の分岐点と考えるレベルでしっかりと話し合いを重ねて選んでください。

大切なお水です。
そして生活する上でプラスに捉えているウォーターサーバー設置です。
確かに損はしたくないですよね?

しっかりと吟味して、各ご家庭に合った選び方のコツ、教えていきたいと思います。

 

 

あなたに合ったメーカーを選ぶ

「どれを選んでいいかわからない」
とお考えの方、簡単に説明すると最終的にはあなた次第なのです。
何に重きを置いて考えるか、何の条件を第一に考えて選ぶか、ただそれだけなのです。

ここで皆さんに逆質問をしていきましょう。
・家族のどなたがウォーターサーバー設置を希望していますか?
・何人家族ですか?
・どのような家族構成ですか?
・小さなお子様はいらっしゃいますか?
・あなたはお水が好きですか?
・飲むだけに使用の予定ですか?

いかがでしょうか?
まだまだ質問量が足りませんが、取り急ぎこちらの質問にお答え頂くことは可能ですか?

こちらの回答によって、ウォーターサーバーメーカー30社から10社くらいまで絞れるのではないでしょうか?

30社あれば30様あるのは当然のことです。
どの会社にもプラス要素マイナス要素は存在します。

10人大家族と、一人暮らしの方が同じウォーターサーバーメーカーを選んでいる可能性は低いと思いますよ。

ウォーターサーバー購入において、最低でも上記を含む10項目くらいの条件を挙げて、そこから噛み砕いて選別作業に入った方が、スムースに進むと考えられますよ。

決して勢いで決めてはいけません。
決して一人で決めてはいけません。
決して価格で決めてはいけません。
焦らずじっくりと考えて選べば、損はしないものです。

サイト独自のアンケートによると、ウォーターサーバー購入済の実に半数の5割の家庭が
「不満を持っている」
「少し失敗してしまった」
「損したかもしれない」
とお考えのようですよ。

ではなぜそうようなことが起きてしまうのか?
それは優先順位を見間違えたのではないでしょうか?

ウォーターサーバー選びは本当に人それぞれ。
答えが無いものなのです。

 

 

ウォーターサーバーを導入して損をしない人

ウォーターサーバー設置を考えていた人(実際現在は設置済)が、設置前にあることを行いました。
あることとは、一ヶ月の自己リサーチです。

簡単に説明すると一ヶ月の使用量を計っていた、ということです。
自分が一ヶ月にどのくらい水を必要としたか、計測してみてウォーターサーバーメーカーや利用プランを決めたのでしょうか。

【一例】
毎朝コップにペットボトルの水を一杯入れて飲む。
朝食の時にコーヒーを飲む。
仕事から帰宅してからお米を炊く。
夕食時にまたペットボトルを取り出し水1杯飲む。
お風呂上りに水割りを作って飲む。
etc

ウォーターサーバーで損をせずに選ぶということはとても難しいことですが、成功例の一つとして「自己管理ができる方」はまず損をしないと思います。

一例を確認すると一日に○リットル、月間で○○リットル、と数字がはっきり見えてくるものです。
一ヶ月に自分が必要なお水の容量を計っておけば、プランも明確になりますし、決してお水が余ってしまう…という問題点は無くなってくると思います。

水質、価格、安全性、サーバーの機能…考えればきりが無いですが、損をした方というのはおそらくこういった条件を一つ一つ考えていなかったのが損した原因だと思われます。

 

 

用途を考え水の種類を選ぶ

どの水が良いのかは、味覚にもよりますので一概には言えないですよね?
お水を分類して考えても天然水が合っているのか、RO水が合っているのか、非常に難しい問題となってきます。

例えば赤ちゃんのミルクに使用することを第一に考えれば、軟水の天然水、もしくは不純物の入っていないRO水などがおすすめになってきます。

この「赤ちゃんの~」という条件だけで、水の種類が数通り出てきます。

そして、天然水、RO水と考えた時に、天然水はRO水より値段が高い、ということも同時に挙がってきます。

そして「赤ちゃんの~」という条件であると、常に冷水&熱湯を準備していなければいけません。となると常時サーバーを起動していないといけませんよね?ここで電気代の問題も出てきます。

家族の中の「赤ちゃん」を重視するだけで、色々選ぶ項目が出てきました。
これでは簡単には決められません。本当に悩みますよね?

ウォーターサーバー選びは簡単なことではなく、判断を誤れば損をしてしまうこともありますので、十分に注意をしてください。

「損をしない選び方」、ということは「得をする選び方」を考えればよいのではないでしょうか?

・市販の水より美味しいと思える水をいつでも飲める
・必要以上に水を摂るようになって、酒・ジュースの摂取量が減った
・買い物などの時間が省ける
この説明を聞いて自分に置き換えて考えてみてください。
ウォーターサーバーを購入すれば、なんだかかなり得した気分になりませんか?

 

 

多くの情報は得た人が上手に導入できる

他にもウォーターサーバーを購入時に得することは数多く存在します。
価値はあなたにしか計れないものですが、しっかりと選べば損どころか、得なことも結構多いようですね。

ウォーターサーバーは「一家に一台」の時代に突入していると思います。
「お友達がウォーターサーバーを購入して羨ましい」
「同僚がウォーターサーバーを購入して格好良い」
隣の芝生は本当に青く見えますが、焦りは禁物ですよ。

購入実績を持つ方からの助言はいくら受けてもいいと思います。
しかし、どれもその方の主観でしかありません。
人それぞれ価値観が異なりますし、何より味覚が異なってきます。

あとは購入実績を持つ方も、半分以上は「失敗した…」「損をした…」と思っていることをお忘れなく!
必ずしも皆が皆、満足しているとは限りません。

優先順位を付けて、一つ一つ問題をクリアにしてください。
そして何より自分に合った水選び、家族に合ったサーバー選びを行ってください。

損をしない選び方は、多くの情報を取り寄せることだと考えます。
しっかりとしたリサーチと説明をご覧になって頂き、こちらのサイトでウォーターサーバーの理解を深めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です