レンタルに解約料はいるの

アイキャッチ画像

 

Q 初心者の場合、ウォーターサーバーはレンタルで借りるのが絶対お得ですか?

premiumwater_server

世の中にはレンタル商品があちらこちらであふれています。お手軽に商品を手にいられるレンタルは気軽に手に入る手段として広まっています。

 

<ウォーターサーバー>も例外ではありません。

ネット環境が整備され、ホームページなどで簡単に手続き完了となるので、レンタル契約が広まりに拍車をかけています。

 

よりよいものを安いコストで利用しようというユーザーが増えた証でしょうか。ただ、そんなレンタルも、まだ利用経験のない人にとっては敷居が高いです。

 

一度利用すれば、「簡単さ&便利さ」がわかるのですが、初めて利用するときには、いろいろ不安があります。

 
そんな人たちにとっては、最初はお試しキャンペーンを利用するのをおすすめします。
「へえ、そんなサービスがあるの?」と驚かれるかもしれませんが、<ウォーターサーバー>の場合は、無料お試しキャンペーンはよく見かけます。

無料でのウォーターサーバのレンタルをしてくれるのです。

お客様有利の市場なのです。

 

さらに他社からの乗り換えキャンペーンなどまでありますので、最初の方でも簡単に乗り換えできるように門戸はあけられているのです。

 

初期投資を考える必要がないのですから最初は無料のキャンペーンを経て試すのが良いかと思います。

もちろん、その期間で納得しなければ本契約をしなければいいのですし、あまり重く考えなくてもいいです。

 

 

Qなぜ、このようなキャンペーンをするのでしょうか。

13

これはメーカー自身のサーバーなどの利便性に自信があるからです。

無料レンタルでは冷やかしのお客さんも多数いるはずです。

メーカーはそれも把握しています。

 

そんな人たちでも「納得できる商品」だから、無料レンタルキャンペーンをしているというわけです。

 

無料キャンペーンでは、不満もネット上に掲載されたり、欠点もあるかもしれませんが無料期間でお試しですし、メーカーも多くの人の意見を取り入れられる利点もあります。前向きな開発意識がある会社でないと無料キャンペーンはできないわけです。

 

初めてレンタルされる人でしたら、そういったキャンペーン期間は狙いですよね。メーカーからの新しい情報も手に入りますよ。

 

 

Q解約は面倒ではないでしょうか

解約は一見面倒そうですよね。

 

たしかに「ありがたいレンタルサービス」でも、「レンタル=便利」の裏に「解約=面倒」ということは潜在意識にあります。

 

だから「レンタル面倒」という意識があるのです。では解約は面倒なのでしょうか?

<ウォーターサーバー>にかぎりませんが。

 

レンタル中心の流通商品は、「レンタルはお手軽で心配ない」ということをわかってもらうためにいろいろな工夫がされています。

 

たとえばわかりやすい資料(最近なら明解な動画を用意など)クーリングオフは当然可能ですし、「納得して使ってもらい継続使用してもらう」ということが大事なのです。

 

そのためにはネット上で解約まで手続きが可能になっています、

クーリングオフは可能と思うのですが、天然水など購入する水 については安全性の面からクーリングオフはできない可能性もあります。

 

わからなければ不安がらずメーカーに問い合わせてみて、気軽に質問してもらった方がいいかも。メーカーもわかりやすく説明してくれるものです。

 

 

 

Q解約に対して不安解消するコツはありますか。

22

解約に対して気が重くなるのでしたら、まずレンタルするウォーターサーバーの会社の基本データを調べた方がいいです。

 
不都合があったときにあわててネットで連絡先を調べてはじめて不都合に出くわすこともあります。

 

たとえば連絡先、事務所が海外しかないケース、ウエブ上にお客様用の電話が不記載のケースもあります。

その点、オフィシャルサイトにフリーダイヤルが記載されておれば、専用オペレータが対応しますので親切だと想像できますね。

<ウォーターサーバー>ですので、そういった「まさか」は少ないわけですが、どのような企業か知っておいた方がいいでしょう。

 

海外メーカーから直接レンタルでは、少なからずやりとりが面倒になるでしょうし、電話が繋がっても片言の外国人が出てくるかもです。

他に「問い合わせなどをメールでのやりとり」というのもあります。

 

コミュニケーションをとりやすく、想定外の状況に無難な対応をしてくれるのは日本メーカーがおすすめですし、従業員数や大手の会社、ホームページに会社の写真や、社員の人が移っていると信頼できます。

 

レンタルだからといって安いイメージではなく、高価な商品を借りられるか、そういったヒントがウエブサイトにはたくさんヒントが詰まっています。

 
気に入った商品でも、自分のライフスタイルが変わるわけですし、高齢になっていけば、いずれ契約終了となります。そのときにスマートに解約できるか、これっはすごく大事なことです。

 

 

Q解約時にお金はいるの

p_18350335-460x300

解約するのにお金がいるのかですが、その契約内容によってですから、<ウォーターサーバー>を借りるときに、その契約内容をしっかり頭の中に入れておくこと。

 

そして、「借りたからには永遠に借りる」というのではなく、できれば、「どの程度借りて、いつぐらいに返却を検討する…」といった、自分自身で仮の返却期限を決めておいて、その時期に続けて借りるか再検討するルールにしておけばいいかと思います。

 

企業側もウォーターサーバーのみの販売と違って、レンタルという契約を前提にしていれば、それだけニーズも多いですし、普通の販売より、好印象を持ってもらい、水関連の消費に対しても長いおつきあいを考えているのです。

 

契約時は、一生懸命に話をしてくれると同時に、お客さんの意見を紳士 に聞いてくれようとします。

 

使い始めたが、「あまり話をする機会が減る」という意味ではなくて、レンタルとはそういう会社とのコミュニケーションになります。

 

 

契約で商品を借りると決まったら、後は商品のやりとりこそがお客様と企業との結びつきになります。その意味では、最初その契約を決めるときにこそ、質問があればいろいろ尋ねた方がいいですね。

 

 

Qネットで解約で大事なことってありますか

最初から「解約すること」を頭の片隅においておくことです。

ネットの世界では「購入時」「契約時」はすごくわかりやすくページを誘導していきます。表示、クリック場所がハッキリわかりやすいですよね。

 

それに対して解約のページは、簡単には見つかりません。解約ページどころか、クリックするボタンも全くわからないのです。

ウエブサイトのどこにそのページがあるのか、クリックする場所が本当に存在するのか…詐欺ではないのですが、ネットの世界ではありがちな話ですから、冷静に対処して、ネット上での解約が難しかったら、電話でハッキリ解約を告げることも大事です。

 

電話一本で解約がすむのならば、そっち方が単純でいいのです。

 

ホームページでの解約は簡単そうに見えて、いろいろ解約理 由をアンケートされたり、場合によっては、別のサイトで関連商の広告にジャンプしたりと、すんなり解約完了と行かないケースはめずらしくありません。

 

最初に「解約すること」を頭に入れてから、どの水にするか…本末転倒かもしれませんが、意外に重要なことかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です