2リットルの水は重くて持てない

44

ライフスタイルの変化

常識は時代によって変わります。十年前の常識は今では非常識…なんてことも世の中に溢れています。三十年前、インターネットがこれほど普及して多くの人がインターネット通販を利用するなど誰も想像もしなかったでしょう。

ネットを利用して解らない言葉を調べたり、各種手続きや契約をしたり、見知らぬ人とのやりとりを楽しんだり…様々な事が出来ること、全く想像できなかった話です。

それだけではありません。身の回りの物、人々のライフスタイルは大きく様変わりをしているのです。水も例外ではありません。水を取り巻くライフスタイルは着実に変化を遂げてきました。

現在家庭で使う水の多くが水道水であるとしましょう。しかし100年前なら井戸水をくみ上げて使っていたという歴史があります。当時はそれが常識だったと思います。そして常識は常に変化しています。

「水を巡るライフスタイル」も様々な出来事を経て大きく変貌している動きがあります。最先端の水は近いうちに新しい常識になります。今後の「水の新常識」に注目したいですね。

 

例えばペットボトルの水を一つピックアップしてみましょう。
ペットボトルの水は安全で美味しいと賞賛された時代もありましたが、今では「安くなったけど運ぶのは大変」とマイナス要因に気付き始めたりします。

昔の常識は「疑問符」のつくものも多い。意外に重いペットボトルの水。安売りをしているからといって段ボールごと購入される人もいるのではないでしょうか?

確かに安いのは得をした気分にはなりますが、重いペットボトルの水を段ボールで購入する際、十数キロもする荷物を汗をかきながら持つ行動…いかがでしょうか?わずか100円程度の得のために重い商品を運ぶ自分って…自己嫌悪に陥ってしまいます。

安売りの水を「安いから」といって買い込んだが最後。それを家まで持って帰るのに四苦八苦、つまり四苦八苦をお金を出して購入したという事になります。よく考えてみれば量販店の安売り商法に乗せられているのでは…その店に水を買いに行って他の商品も意味もなく買って帰る。無駄だらけだと思いませんか?

それでもお得感があればいいのですが、冷静に考えてこれは非常識な行動かもしれませんね。「これで良かったか?」と自問自答したいところです。

 

 

 

賢い消費者になる

水でいえば高層マンションに住んでおられる方。水は宅配で間に合わせているのです。最初から安売りのスーパーで購入するペットボトルなど最初から考えていないのです。高層マンションのセレブな住人は最初から安売りのスーパーで水を購入しないことにしている…そういう家庭は多いですね。

ペットボトルの水を買わずに水道を使う人もいれば、ウォーターサーバーの水を宅配で購入して運んでもらっている人もいます。居住空間によって水への取り組みは変わりますし、購入方法も変わります。ネットが普及した事で情報を収集して、各家庭で水への常識は常に変わっているということです。

安いがいいのか。安さを求める人もいます。それがかつての常識だとします。
これも時代によって変わっています。安ければいいのか?本当に安さ至上主義でいいのか?

安い飲み物を買うということは、安いものを口にする…の意味。安全と安心を棚上げして安いものを口にする。後で後悔する安全への対価。外国の食品が安いといっても、それで安全が棚上げになってしまっては本末転倒ではないですか?安さでは引き替えにできないものもあるのです。

 

格安飛行機がいいといって、数百円でも安い航空機に乗ろうとする人がいる一方で、安全でゆったりとした空の旅を楽しもうとする人がいる。高速バスで少しでも安く旅行に行こうとする人がいる一方で、時間に余裕を持って旅行を楽しむ人もいる。料理でも安い料理がいいと選ぶ人もいれば安い料理はどんな素材が使われているのか…考えただけでもぞっとすると敬遠する人もいる。

選ぶのは人それぞれですが、安さを求めて安さ以外のメリットを見出すことは考えられませんよね。料金に対しては安いからいい、高いからダメとは一概に言えません。

安全被害という面では美容関係石けんや美容液化粧品などにも思わぬ落とし穴が潜んでいます。よかれと思って購入した商品でシミや黒ずみができたり、よかれと思って購入したもので後悔する商品も多々あります。

皮膚にシミができたり、肌がただれてしまって元に戻らない…なんて事件になるケースも耳にします。安いからいいという常識は、まず時代と共に変わってしまったということ。まかり間違えば「取り返しのつかないことに…」常に賢く、商品の本質をよく研究して購入する消費者が求められる時代なのです。

賢い消費者とは常に一流の商品を選んで、それを使う人と個人的には思います。

 

 

 

「今の常識」は「未来の常識」ではない

話が更に脱線しますが一流の意識の持ち方を追求するある偉大な人物がいます。日本から大リーグにわたって次々に記録を打ち立てたイチローの話ですが、日本の打者がまさかメジャーリーグで大記録を塗り替えるなど、海を渡ったばかりの時には誰も思わなかったと思います。

常識とは時代と共に変わっていくものなのです。まさに常識を覆した彼は、常に一流のものを意識して使っていました。いや、一流というのではなく「彼独自のこだわり」で使うものを選ぶらしいのです。

自分が良いと思ったものを、とにかく吟味して選ぶ。他人が一流と絶賛したものではなく、自分のこだわりで「これが良いから使う」とその理由を語れるほと分析しています。

ちなみにイチローの乗っている乗用車は日本メーカー。それもどちらかというと販売台数は多くないといわれる会社です。しかしイチローにはこだわりがあり、そのメーカーの車のどこがいいのか熟知して乗っているのです。

もちろんそれを他人にまでゴリ押しする訳ではありません。ただ自分の美意識で愛着を持って愛用するということ。自分が納得した製品を使うそれが賢い消費者、賢い買い物の流儀だと言えるのではないでしょうか。

 

 

水も個人が選択できる時代

さて美味しい水へのこだわりは皆さんにはありますか?
あるのであれば、重いペットボトルは投げ捨てて、美味しさを追求、手軽さを追求、コストも安定しているウォーターサーバーにしてみませんか?

たかがお水でも人によってその価値が変わるのだから不思議ですよね。
水は生活で欠かせない飲み物。水道の水に疑問を持ち始めたらこれでいいのか?と自問自答してみてください。

健康な生活長生きしたい美しくなりたい、とそれぞれの美意識に対してどんな商品がそれを可能にするのか、じっくり吟味して「語れるほどの調べた水」で毎日を過ごしてみませんか?

欧米人などは「この水はこんなにすばらしい。だからあなたにも飲んでほしいんですよ」と自分の出した水のすばらしさを一生懸命説明するでしょう。

日本人ですからそこまで強調せずとも、常におもてなしの心で、水一つをとっても自分でこだわった水でお茶を出したり、お料理を作ったり、そういったライフスタイルが、賢い消費者だと思います。

全てにおいてペットボトルを上回るウォーターサーバー。
気持ちの豊かさを演出するものがウォーターサーバーであり、ウォーターサーバーが当たり前のライフスタイルを過ごす時なのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です