ウォーターサーバーの乗り換えをお考えの方

37

 

使っているうちにメーカー乗り換えを考えるのは当たり前

ウォーターサーバーを購入して一定の月日が経過したあなた。
皆様は今設置されているウォーターサーバーにどのような評価をしていますか?

設置した時はもちろん希望通りのウォーターサーバーを皆さん購入したと思います。
しかしいかがでしょうか?

使い勝手は良いですか?
故障はしていませんか?
思っていた味と違いませんか?
美味しいとはいえ、お水の味にマンネリ化していませんか?

人間という生き物は必ず「飽き」と「慣れ」が生まれてきます。
憎しみ…とまでは行かないものの、愛着はとうに消え失せて、新しいものを探す動きに出る欲望は当然あるのです。

普通に「あのメーカーに乗り換えたいな…」と考えてしまうものなのです。

何も悪いことではありません。
当然考える事なのですから。

故障もしていないのに携帯電話を替えるのと同じことです。
「あの会社のデザインが良い」
「あの会社の音が良い」
「あの会社の画質が良い」
「あの会社はとにかくプランが安い」

たくさんの替える理由が存在しますよね?
携帯電話と同様で、ウォーターサーバーにもそのようなことがあっても普通なのです。

あなたの住むところだってそうですよね?
更新時期が来たから引っ越しをする。
家賃をもっと抑えたいから引っ越しをする。
魅力的な街を見つけたから引っ越しを考える。

車だってそう。
車検時期が来たから買い換えをする。
家族が増えたから少し大き目サイズに変更を考えている。
妻が免許を取ったので小型タイプに変更を考えている。

生活する上で長年付き添っていたものを替えることは間違いではありません。
「乗り換え」が好転するのであれば、逆にどんどんした方がよいでしょう。

つまり携帯電話などでは普通ですが、ウォーターサーバーでも普通に捉えていいのです。
今まで利用してきたけど「あっちのウォーターサーバーが魅力的に思えてきた」と考えても全然おかしいことではありませんよ。

 

 

 

あなたは本当にウォーターサーバーが必要か?

最近は他のメーカーもあの手この手でキャンペーンを銘打ったり、新デザインを発表したり、どんどん魅力的な商品が出てきているのも確かです。

何を基準に乗り換えを考えればいいか難しいですよね?

自宅や車のように高いものではないウォーターサーバーですが、やはりお金が絡むもの。
慎重に考えたいものですね。

消費者の自由ですから、よりよいものへ目が向くのは当然の欲求であり、普通に行使できる権利ですよ。

真剣に乗り換えをお考えの方はまず
「替えないといけない理由」
「替えた後のメリット、デメリット」
「替えなかった際の今後の展開予測」
この3点をしっかり熟考して頂きたいと思います。
さて、多くのメーカーを調査しましたが、ウォーターサーバーは業界自体厳しく縛りがあるようですね。
解約を申し込むと、手数料や違約金など掛かってしまう会社がほとんどです。

ウォーターサーバーメーカー側も必死なのです。
利益の裏側のリスクも考えての商売ですので、譲れないところは譲れません。

多くのウォーターサーバーメーカーが期間で言うと半年、1年というところで解約すると違約金が発生してしまう、というケースがポピュラーですね。

大量のお水を確保するにはそれなりの経費が掛かります。
ボトリングするのにも、保管するのにも、お宅へ配送するのにも全てに経費が発生します。
その負担が皆様のところへ来る…と考えると、なんだか嫌な気分になります。

しかしこれまでウォーターサーバーを使用してきていかがでしたか?
美味しい水を飲んで幸せな気分になれませんでしたか?
いちいち買い物に行く面倒臭さも無くなったと思います。
良かった時もありましたよね?

そしてあなたはウォーターサーバーを設置してから今の乗り換えを考えるまで、半年・1年継続できましたか?
できない、できていない、と回答するあなたは、もしかするとウォーターサーバー自体との相性が良くないかもしれませんね。
乗り換え以前に、ウォーターサーバー設置を見合わせた方がいいでしょう。

おそらくウォーターサーバーを取り付けたのは良いとして、実際そんなにお水飲まなかったなぁ、という方が多数だと思います。

違約金を払って、大量の水だけが余った…
そんな結末ではなかったですか?

 

 

 

お得な乗り換え方法はたくさんある

そのような方は乗り換えも考えていない。
もうウォーターサーバー自体を止めたい…という方も多いと思います。
しかし契約の際に決められた期間をクリアしないと、違約金として結構なお金が掛かってしまうので、解約は慎重に考えて行動すべきです。

ただし乗り換えする方のメーカーに「旧メーカーで発生する違約金を全額支払ってくれる」と書いてあれば、急いで乗り換えしたいですよね。

現在ウォーターサーバー会社は日本国内に20社とも30社とも言われています。
お水を飲むという習慣、安全面、健康面を重視する傾向が高くなり、需要者も増え、同様にメーカーも増えて来ているのです。

30社ほどのメーカーが存在する訳ですから、常に乗り換えたいと思わされても不思議ではありません。
30社の魅力あるキャンペーンを見比べてしまうと、私ははたしてこのメーカーでいいのだろうか…と思ってしまいますよね?

ウォーターサーバーメーカーどのメーカーも顧客獲得のために集客戦略を練っているので、利用者が目移りするのは無理ありません。
競争の自由は面白いですが、実際の利用者は頭を抱えるほど悩んでいると思います。
ではどこで見比べるべきかチェックしてみましょう。

・まず解約するにあたり違約金が発生するか?
無事設定された期間をクリアした方は、もちろん違約金など発生しません。すんなりと解約を申し込み、利用中のメーカーとは取引終了になります。

期間中であった場合は、残念ながら違約金発生となります。
半年、もしくは1年間の期間の中で期間途中だった場合は、5千円~最大で3万円も掛かるところもありますのでご注意を。

・すんなり解約できた方
しっかりと次なる乗り換え先のメーカーを吟味して、半年~1年は利用できる決心が付いたら乗り換えてみましょう。

・違約金発生の場合
利用を止めるのにも関わらず、お金を支払って止めるなど腑に落ちませんよね。
しかし仕方ありません。そういう契約のもと利用を始めたのですから。

違約金が数万円発生しても恐れることはありません。
なぜなら乗り換え先で負担してくれるからです。
(と言っても、負担してくれる乗り換え先を探した場合です)

負担額はその会社次第となっています。
太っ腹なところは全額違約金支払い、という大盤振る舞いなキャンペーンがあり、そうでないところは5千円キャッシュバック、という小さな乗り換え特典があります。

トータルで見ると甲乙付け難いと思います。
なぜなら大きくキャンペーンを行っているところはお水の価格が少し高かったり、契約期間も1年と長かったりするからです。

数千円キャッシュバックのところは逆にお水のオーダーも少量で可、契約期間も短いというメリットがあります。

どちらがいいのかは、何度もお伝えしていますがあなた次第ですので、その時の状況によりけりで乗り換え先を選別していく必要があります。

ちなみに乗り換え率に関してですが、まだまだ低めの数字が出ています。
やはり皆さん思い切った行動は少し控えているようですね。
乗り換えするのにも、色々手続きが面倒だと思う方が多数いるようです。

でもどうしても乗り換えたい!とお考えの方は以前と違って現在は様々なキャンペーンも行われているので、思い切って判断するのも面白いかもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です