ウォーターサーバーを使うメリット

50

これほど多くの人に支持されているウォーターサーバー。
清潔感や安全、安心といったイメージは相変わらず強いです。
ですが長期間に渡って愛用されている方が感じている「これがウォーターサーバーのメリットだ」というのは一体どんなところにあるのでしょうか?

 

「ウォーターサーバー」 ディープな裏側

その流行の裏をディープな愛用者に尋ねてみました。
さすがコアな愛用者とでも言いましょうか…愛用者の多くは共通の理由を重複して挙げていることがわかりました。

それらをまとめてみますと、次のようになります。

 

まずは「安全性」です。
水道水は不安…井戸水ではないので殺菌もされていますし、安全性で問題のないはずの水道水。
しかし多くの人は「水道水は不安」とのイメージを持っていることがわかりました。

確かに地域によってカルキ臭は軽くするものもあります。
災害によっては一時断水なんてこともあり得るでしょう。水道が原因で病気が蔓延するということは今の日本では考えられないことです。

しかし潔癖を求める人たちが「ウォーターサーバーを信用する」ということで、これほどウォーターサーバーの普及が進んでいったようです。
水道管が不安だというのは、少なからず誰もが持っている考えのようですね。

水道水は消毒のために塩素を使用します。そうするとどうしてもカルキ臭がしてしまうのです。
では沸かして飲むとどうなのか?水本来の美味しさは損なわれてしまう結果となります。

市販のミネラルウォーターが美味しいのは、採取した時点でパーフェクトな水ですので、塩素など入れる必要が無いからなのです。
水本来の美味しさはもちろんのこと、健康にいい水なのでコーヒーや水割り、料理にとその使用目的は広がっていきます。

とにかく安全であるということ。
支持される一番の理由は安全な水というのがウォーターサーバーを愛用するところです。これは誰でも理解できる気がしますね。

 

第二の理由は健康面でのメリット」を上げる人が多いです。
意識しなくて健康体を維持できる。知らず知らずに病気に強い体になる。日本人ほど健康を意識して取り組む人種はいないとも言われます。

体型の遺伝はおよそ60%~70%と言われていますが、逆で考えれば20%~30%は本人次第。
日本人は言葉は悪いですが比較的だらしない欧米人のような肥満体質の人は少ないです。

日本人はジョギングやウォーキングなど休みの日に取り入れて意識して体を動かしているからです。日本は島国であるがゆえ多くの水源地に恵まれています。

それによって国民自体が健康的な水を恵受されてきたという歴史や説があります。しかし今現在高齢化社会になり世界的に長寿の国になった日本においては健康の源は水にあるという意識が強くなってきたいるのも事実です。

ジョギングやウォーキングといった有酸素運動をされる人達から多くの指示を得ているのがウォーターサーバーというのも理解できます。
特に女性のウォーターサーバー愛用者が多いのは、家族の健康管理を意識している表れかもしれませんね。

赤ちゃんや子供から介護が必要なご老人まで、老若男女、全ての人に水を飲む機会があります。水を飲む=ウォーターサーバーを利用することになり、ウォーターサーバーを使うだけで意識せず健康体維持のお役に立てるのですから、その恩恵は計り知れないものがありますね。

 

そして第三に美容面」です。
肌の色つや、潤いなどにウォーターサーバーの効果が出ていると多くの愛用者が語ります。いい水分を摂取しないと潤い肌がだんだんカサカサになってきてしまいます。

化粧品でもどのような水を使っているかで、美容被害が生じてしまったり、思わぬアレルギーや湿疹に繋がるケースがある、と新聞報道にいつか出ていました。

化粧品会社ですら水に対する安心安全が問われる時代。
何から抽出した水分か?といった水の成分に対しても関心が高いのですから、普段口にする水に対しても「ウォーターサーバーでないと…」とこだわるのも当然なんだと思います。

人間の体の大半は水分でできている。そして潤い肌こそが若さの証で水は大事である、と女性は考えています。美容に興味を持つ女性の潜在意識に「水へのこだわりが美への第一歩」というのがあるようですね。使用されている化粧品、化粧水、それらはやはり水へのこだわりが感じられるものが多いと話す人が目立ちました。

 

最後に意外と話題に上っていたのが「語らい」「団らん」というメリットです。
ウォーターサーバーがある家は、リビングでも「家族の時間」が増えるというデータがあるそうです。

確かにウォーターサーバーがある家庭は、優雅で余裕のある家庭というイメージがありますね。大きな広い家で家族それぞれが個室を持っていて、皆で時間を共有できていないイメージがありますが、ウォーターサーバーのお陰で家族の会話も増えるとはすばらしいことですよね。

ウォーターサーバーという「美味しい水がある」という意識が家族に浸透していて、どこか優雅さを演出しています。ウォーターサーバーがあるだけでその話題でも盛り上がりますし、お客様などをお呼びする際にでも、水道の蛇口から水を出すよりは、グラスにウォーターサーバーからの美味しいお水を注いであげた方が気分も高揚しますよね。

 

誰もが「ウォーターサーバー」に求めること、それは…

ここまでは長期間に渡って愛用してきたディープなウォーターサーバー愛用者の意見だったのですが、最近ウォーターサーバーを使い出した人たちには、また別の側面でウォーターサーバーの長所に注目しています。

それは安全性です。

飲料水への不安は大きな災害の度に「水は大事」との思いをたくさんの人に植え付けていきました。具体的には東北地方を襲った大地震以来、危機管理意識が強まったという人が増えています。

放射能といった「見えない危険」に対して、自分達で健康を守るには安全な原産地でくみ上げられた水に頼るしかない。
そうすることで不安はゼロになるという被災者の意識が生まれているようなのです。

安くて美味しい日本の水道という神話は壊れつつあります。
水道をはじめ日本のインフラは地面を通じて各家庭に流れ込んでいるのですが、地震国日本ではいつ地震でそのインフラ網が断絶されるかもしれない…と身近に感じさせました。

日本の水道管は地震によってそろそろ寿命に来ていると言われ、定期的に水道管の取り替え時期に来ているのですが、取り替えるとなっても簡単にいかないのが日本の水道管なのです。
不安ばかりを考えてはいけないのですが、それらがきっかけとなってウォーターサーバーを利用する家庭が増えたのも事実です。ウォーターサーバーの恩恵で、安全な水が身近に手元のグラスで飲める喜び。それがちょっとした幸せな時間を演出してくれるのです。

例えば朝起きた時の目覚めの冷たい水を口にした瞬間、ランニングを終えて帰宅した時に飲み干すグラス一杯のお水。
寒い日の自宅でのお風呂上がりの一杯、美味しいお水から広がる至高のライフスタイルは、やはりウォーターサーバーがあればこそ!と言えそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です