スーパーで水を買うのと比較してお得なウォーターサーバーを選びたい。

26

スーパー前でよくボトルを持ち運んでいるおば様を見かけたことはありませんか?

そうです。

よく見るあの光景、あれはボトルの中にお水が入っていて、自宅に持ち帰っているのです。

 

~スーパーの水無料サービス その狙いとは?~

スーパーのお水無料サービスのようですが、割合的には7~8割方のスーパーがこのような無料お水提供サービスを行っています。

スーパー側のメリットはお水を汲みに来ていると同時に、「スーパー内で買い物もしてください」といった狙いがあります。

 

間違いなく家庭にウォーターサーバーの無い方がスーパーにお水を汲みに来ています。

ウォーターサーバーよりも、スーパーのお水を選んだ、そういう方達ですね。

ほとんどの方が、スーパーにボトルを持ってきて、まずは買い物を行います。

そして買い物が終了したらお水を汲んで帰っていきます。

 

まさにスーパーの思うツボ…。といってもスーパーは悪いこと全然していませんよ。

むしろ消費者の味方になっているのではないでしょうか?

無料で美味しいお水を提供している訳ですし、何より買い物に来た主婦の皆さんは納得していますからね。

気分の問題でしょうが、自宅の水道の蛇口よりは、スーパーで汲み取ったお水の方が美味しいだろう…という気持ちだと思います。

 

スーパーのお水は「無料」とされていますが、実は初回に少しだけお金が掛かっています。それはボトル代金です。

○リットル容器で数百円、という感じでしょうか。

まずボトルを買って頂いて、そうすればいつでもそのボトルを使って、無料で水を持って行っていいよ。というものです。

 

しかしおば様達を見ていると重そうです。。

大変切なくなってきます(泣)

話は戻りますが、水を汲みにくるだけではないので、ついでに買い物をしてくれれば御の字、というスーパーの考えで、ボトル代金だけでお水は無料、という形が取られていますね。

 

スーパーも考えましたね。すばらしい企業努力。

と言いますか、消費者とWINWINの関係を築こうとしている感があります。

しかしこれはスーパー側からしてみると完全な営業戦略です。

======================================

でもこのスーパーのお水、実際はどうなのでしょう?

しっかりとした処理はなされているのでしょうか?

こだわらない方は気にしないと思いますが、皆さんのニーズははたしてクリアしているのでしょうか?

ぶっちゃけ適当な感はあります。

あまり重要ではなく考えているのが伝わってきます。

私のよく行くスーパーではよく張り紙がされています。

「使用禁止」

!?

何があったのでしょうか?

おそらくメンテナンスがうまく成されていないのか、故障が目立つのがたまに傷。

…たまに傷ではないですね。本当に笑い事ではないと思いますよ。

小さな子供も走り回る一般的なスーパー。

サーバー口もベタベタ触ったり、衛生面的には疑問がありますよね。

確かに便利です。

水道水よりはいいかもしれません。

しかし多くの人が利用するとなると…少し怖いと思うのは私だけでしょうか。

======================================

さて、「とても身近にあって便利で助かる」と思われているスーパーの水。

中身なのですが、実は原料は水道水です。

水道水をろ過したり、電気分解して提供しています。

そしてスーパーによっては水道水が色々なお水に化けていきます。

化けるなんて人聞きが悪いですが、水道水に少しばかりの加工が掛かっているのです。

 

・水道水にマイナスの電子を供給した水、いわゆるマイナスイオン水

・水道水を電気分解した時にマイナス側に出来る水、アルカリイオン水

・逆浸透膜を使用してろ過した水道水

 

スーパー毎に処理の違いはありますが、どれも水道水から何かしらの手が施されて、パワーアップした状態で皆さんの手に渡っていきます。

違法性は全くありませんし、危険なものではありませんのでご心配なく。

 

そしてスーパーに通うおば様達のエネルギーは凄まじく、不思議なもので口コミも一瞬のうちに広がります。

「あそこのスーパーのお水で炊いたごはんが美味しい。」

「あのスーパーのお水は美肌効果がある。」

など、噂に火が付けば朝から水を求めて行列が出来るスーパーもあるようです。

 

ろ過と電気分解する以外の方法でお水を提供するスーパーもあります。

最近ではミネラル分を入れて、本当に美味しさを求めて顧客獲得に力を入れるスーパーもあるのです。

何百、何千とスーパーは軒を並ぶので、一店舗一店舗チェックは不可能なのですが、顧客第一主義の経営者さんであれば、ウォーターサーバー会社顔負けの精度のお水を提供しているところも必ず存在すると思います。

 

おば様達は常日頃からアンテナを張り巡らせ、いかに美味しいお水をゲットするか考えています。

毎日新聞折り込みのチラシをチェックしています。

お水に限らず、安い食材を求めて自転車さえあれば隣町なんてどうってことありませんからね。

スーパーにとっては少しコストが掛かってしまいますが、買い物に来るお客さんがリピーターとなって連日スーパーに来ることを考えれば、安い集客宣伝費と考えているに違いありません。

むしろ安すぎる宣伝費ですね。

お水が主流になってきた今、次なる戦略を練っているスーパーもあると思います。

 

~スーパーのお水は本当にお得??ウォーターサーバーの勧め~

ではスーパーでの買い物回数、買い物商品を運ぶ労力、商品代金などを「無料のお水をもらえるから」に見合った効果を計算して考えた時に本当にお得なのか?を考えます。

もしかしたらウォーターサーバーの方がお得なんじゃないの?と思ってきたりしませんか?

 

スーパーのお水は確かに無料です。

初回のみボトル代金が発生するだけです。

それ以外はお金は一切掛かりませんし、ノルマも無ければ契約条件なども見当たりません。

しかし意外と見落としがちですが、小さな注意書きなどもよく目にします。

 

「飲料水としてご利用にならないでください」

「なるべく当日24時間以内にご利用ください」

「冷所で保管してご利用ください」

 

…なんだかハードルが一気に高くなりましたね。とても恐怖に感じてきました。

飲んじゃいけない?どうしてでしょうか?

ウォーターサーバーであれば気にも留めていないことが、スーパーのお水では起きてしまうのですね。

 

ご飯を炊いたり、調理する分には問題のないこと賞味期限は2~3日以内だということ直射日光を避けて冷所で温度を保たなければならないこと

このような注意書きを見たら無料でもいりません!と思いませんか?

 

無料の約束事はとても難しいですね。

普通に誤って飲んでしまう人もいるはずですよ。

やはり「タダより怖いものはない」とはよく聞きます。

無料がゆえに、自己で責任を負わなければならない部分が大きいですね。

 

残念ながらお腹を壊してもスーパーに文句は言えません。

暗黙のルール、契約書のない取引は本当に怖いです。

無料ですがリスクが大き過ぎますね。

 

買い物する商品は無かったが、無料のお水を求めてスーパーに行った、ということありませんか?

そしてスーパーに着いたら欲しくもないのにあれこれついつい買ってしまった、ということありませんか?

たくさんの見知らぬ人が手に触れるスーパーのウォーターサーバーですが、衛生面は気になりませんか?

スーパーからの帰り道、ボトルに注いだお水は重くなかったですか?

 

多くのデメリットがスーパーのお水にはあるように思えますがいかがでしょうか?

安全面、衛生面にやはりこだわると、少々背伸びをしてでも自宅にウォーターサーバーを置いた方が遥かに良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です