【水と高血圧】水の飲み方一つで症状が変わる?水と高血圧の意外な関係って?

pluscolumn_472

こんにちは。
チームスキミズの田口です。

突然ですがあなたは高血圧に悩んでいませんか?

日本の高血圧性疾患の総患者数はなんと1,010万800人(厚生労働省が3年ごとに実施している「患者調査」の平成26年調査)もいるそうです。
性別ごとで見ると、男性が445万人、女性は567万6,000人で、前回調査に比べて男性が63万人、女性が42万人の増加となりました。

意外にも、女性の方が高血圧に悩む方が多いそうです。

高血圧は別名「サイレントキラー」と呼ばれ、自覚症状がないまま進行し、合併症で気づいた時には死の直前…なんてことも。
高血圧は完全には治療できませんが、水の飲み方一つでも症状を軽くして、うまく付き合っていくことが出来ます。

手遅れにならないためにも、今回は「水と高血圧の関係」についてお話していきます。

そもそも高血圧って?

n811_higewoijirudansei

血液は心臓からポンプのように送り出され、全身を巡っています。
心臓が収縮して血液を送り出すときの血圧を「収縮期血圧(最高血圧)」、心臓が拡張して戻るときの血圧を「拡張期血圧(最低血圧)」と言います。
高血圧は、この最高血圧と最低血圧が基準値より高くなっているということです。

一口に高血圧といってもさまざまな種類があります。

一次性高血圧

病院で高血圧と診断される方の約9割がこの一次性高血圧です。
遺伝や、肥満・ストレス・タバコ・飲酒などの生活習慣が原因となって起こります。

二次性高血圧

遺伝や生活習慣とは違い、腎炎や動脈硬化、さらには血管が詰まるなどの症状から発する高血圧です。
二次性高血圧は他の病気や薬が原因となるため、その原因を突き止めて治療することで症状が改善します。

その他の高血圧

他にも、血圧を測る場所や場面によって高血圧になったり、睡眠時のみ高血圧になってしまうなど、さまざまな原因があります。

高血圧自体の自覚症状は何もない事が多いですが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症原因となる可能性もあるので注意が必要です。

高血圧の人は水分不足でも摂りすぎてもダメ

thirst-1317042_960_720

人間の身体は約60%が水分で出来ています。
水分が不足してしまうと、血液がドロドロになり、血液の流れが悪くなります。
すると身体はもっと多くの血液を流さなければ!と考え、血圧を上げて血液が全身に巡るように対応します。

これが高血圧です。

逆に水分を摂りすぎてしまうと、血液中の水分量が増加し、心臓が多量の血液を循環させるためにポンプの働きを増します。

これも高血圧です。

汗をかいたり、空気が乾燥していたら我慢せず水分補給することがとても大切ですが、目安としては1日1リットルが高血圧の方の適量と言われています。

1日1リットルも、一回で飲んでは逆効果です。血圧が上がります。
1回に200mlずつ(約コップ1杯分)、5回くらいに分けて飲むのがベストです。
再度ですが、運動をしたり、のどが渇いた時は無理にこの範囲に収める必要はありません。
むしろたくさん水分を摂ってくださいね。

高血圧のときは水しか飲んだらいけないの?

水分と一口に言ってもさまざまなものがありますが、その中で水しか飲んではいけないのでしょうか。

結論から言うと、そんなことはありません。

ただし、コーヒーなどのカフェイン類や、ビールや日本酒などのアルコール類は利尿作用が高く、体内から水分を排出してしまい、逆効果になってしまうので注意が必要です。
また、ジュースも糖分が多く含まれるのでおすすめしません。

通常は身体にとっていい飲み物のスポーツドリンクも、ナトリウムなどの塩分を多く含むため、人によっては高血圧を悪化させてしまいます。

麦茶や柿の葉茶、ルイボスティー、飲むタイプの酢などであれば、高血圧に効果的といわれています。

でも、やはり水が一番馴染みが深いし、身近ですよね。
水も冷たいもの、厚いものよりもぬるいもの、つまり白湯が高血圧には効くようです。

まとめ

40155517_S

いかがでしたか。
次はあなたの番かもしれない高血圧ですが、万一かかってしまっても水と上手に付き合っていけば症状を軽くすることも出来ます。

そのときは、

・ぬるいくらいの水(白湯)で
・1日1Lを少しずつ

飲んでいくことが大切です。

高血圧は症状が分かりづらいので、少しでも不安に感じたら専門医にかかって診てもらってくださいね。

 

プレミアムウォーターならいつでも85℃のお湯が出ます♪
今なら4,000円キャッシュバックキャンペーン中!!
🔻プレミアムウォーターの申込みはこちらから🔻
https://premium-water.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です