水道水の塩素が気になる方へ

14

皆様ご存じの通り、日本の水道は安全で蛇口からの水をそのまま飲んでも問題ありません。日本の水道は世界的に見ても衛生面で優れています。極論ですが、発展途上国に行けばまず飲み水の確保だけでも骨が折れます。衛生面にこだわる日本人なら安全な水はもう常識なのでしょう。

 

安心安全!水大国日本

7

海外旅行でも名の知れた観光地であっても、ホテルの水をそのまま飲むことは危険です。

日本にいて便利だと感じられる事がたくさんあるのは、海外旅行に行って初めて気付くということはありますね。まさに「ディスカバージャパン」の心境になれます。

 

塩素が気になる方、更に水道にはたくさんの新しい事実が隠されているので、それをまず知って欲しいと思います。

驚く事なかれ、日本の水道水の安全基準は市販のペットボトルの基準よりかなり厳しく設定されているのです。

 

ペットボトルの水よりも安全性の基準は高い…まさに驚きの日本の水の安全規準といえます。

記憶にございませんか?子供の頃クラブ活動が終わった後、あれほど水道の水をがぶ飲みしていても、それが原因で腹痛を催したり伝染病になったりということはないのです。

 

国のガイドラインに沿って水質が管理されていて、各家庭に水道が送られる際にも雑菌が繁殖する可能性はあります。

それすらも大丈夫なように安全基準を設けているのです。その殺菌のために塩素剤を使っています。それがカルキと呼ばれている物です。

 

その量も人体に影響のない量に管理されています。

ペットボトルの水はジュースなどと同じ扱いで「嗜好品」として扱われているので、その規準は水道より緩やかな「食品衛生法」で管理されています。

 

つまり水としては美味しくても安全基準は水道水の方が管理されているという事になります。

ただペットボトルの水も名のある大企業が商品として販売しているものですので問題ありません。

日本の安全規準はかなり厳正に設定されていると思って頂いて結構です。

 

 

水道水はおいしいの?

water

そんな安全な水道といっても美味しいかどうか?というと疑問に思われる方が多いでしょう。

そうです。

カルキ臭があるからなのです。

 

水道の水でもそのまま飲むとカルキ臭が気になって、安全な水と理解していても逆に消毒が強すぎて体に良くないのでは…と感じてしまいそうですよね。
当然ながら水道の水は昔から旨味という点では「絶対美味しい」とは言い切れません

 

逆に今の水道水の方がまずくなったような気がする…とよく耳にします。

最初から水道水は塩素が混ざっているのでカルキ臭が当然あります。

こんなにカルキ臭くて本当に飲んで大丈夫なのかと心配されたかと思いますが、それは先ほど紹介した通り原則として安全で安心できるものです。

 

 

またカルキに敏感になるのは仕方ない事情があります。

実は日本の水道だからどの地域でも同じ品質の水が飲めると思っている人は少ないでしょう。

実際には地域によって水のクオリティに格段に違いがあります。自然に囲まれた地域の水道水の方がカルキ臭は少なくなっています。

それは最初から必要となる塩素の量が異なっているからです。

 

一方で水道用の源泉の水質に問題ありならば、基準値に達するようにカルキの量を増やす事になります。

そのようにして安全性をクリアしてから各家庭の水道に水を供給しているのです。

最初に書いたように人体に悪影響を及ぼさない、適切な量で殺菌を行っています。

 

 

しかし全国的にほぼ同じ水道料金を払っているのに、源泉の水質に差があるとは…わかっていた事とはいえ、これはさすがに気になる話です。

 

でもこれはそれぞれ別の水源から水道水が作られているのですから、水質に差があるのは当然の話なのでしょう。

 

この件は水道局の方で伏せている訳ではありませんので、インターネットで調べれば皆様のエリアの水道水がどの地域の水を使用しているのか知る事が可能です。加えて細かい採取場所は安全性から特定されないようにしています。

 

 

例外的にやはり住居自体が老朽化している場合、水道管自体も古くなっている可能性は否めません。

水道管から流れてくる水なので、最後の蛇口に来る直前のところで汚れるケースもゼロではありません。

 

水道水はすべて均等?

0006

衛生面で問題になってくるケースは少なくても、これはやはり気になりますね。最近見られる高層マンションなどでも、いくら水道管に気を付けても、メンテナンス自体困難なエリアはあります。

 

更に高層建築の場合、まず貯水槽に溜めて水を各家庭に流すシステムになっていますので、その貯水槽の汚れも気になるところです。本来ならばそのまま飲んでも問題のない水でも、地域によっては「気になる」と場合もあります。

 

カルキ臭の対処法として一番手軽なのは、やはり蛇口の所に取り付けるだけで塩素を取り除くことができる「蛇口取り付け型の浄水器」が良いかと思います。フィルターを使えば科学的に塩素を取り除く事は可能で、昔の浄水器の比ではありません。

 

大きいタイプの方が効果的に塩素を取り除きますし、意外にありがたいのは取り付けが簡単になったということです。昔のタイプは取り付けても長期間使用する事で浄水器が取れてしまうケースや、取り付け部分が劣化することさえよく見られたことです。

 

現在は優れた製品だらけで、その塩素除去の効果は然ることながら、本体自体も大きめになって目障りに移る大きさであるものの、取り付けは簡単になっている上、取り付け後も安定したポジションを維持してくれる感じです。

 

水道を使用しながら「外れたりしないのか」と不安になるぐらつきは解消されているのです。まさに日進月歩。もしあなたが昔の浄水器をイメージしていましたら、あらためて新しい浄水器を試してみることをおすすめします。

 

コストパフォーマンスはペットボトルやウォーターサーバーの宅配の水に比べると間違いなく割安ですので、予算内で健康を意識した水ライフを楽しみたいという人にはもってこいの商品だと思います。

 

ちなみに水の旨みである「ミネラル分」などは水道水にはほとんど含まれないようなので、それらを補給したい人は、それにあった水を買い求めるのが良いかと思います。

 

さて、最後に水道水の取水場所によってどの水が飲めるのか?と気になるところですが、六甲の近くに住んでいるから六甲の美味しい地下水が飲めるとか、飛騨の山奥に住んでいるから、必ず飛騨の美味しい水が水道で流れているかとか、色々考えてみれば面白いですよね。

 

水に関心のある人は是非とも調べてみてください。イメージアップのケースばかりではなく、河川だと上流で処理された下水が流されていて、下流ではそれを処理して水道水にしているケースもあるようです。もちろん清潔に処理されているとはいえ、身近な水ですから調べてみる価値はありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です