水で肌荒れがきれいになる?

24

若い女性が水に興味を持つ理由はハッキリしています。つまり「いつまでも若々しくありたい」「肌をきれいにしたい」という事が大多数意見だと思います。若い時の肌と年齢を重ねた時の肌では、肌のはりやツヤ、そして潤いが全く違ってきます

 

諦めないで!肌はいつでも変われる

これは年齢のため…と諦めていらっしゃる方もいるのでしょうが、その一方でいつまでも肌がきれいな芸能人の方がテレビに出ると、努力次第できれいな肌を維持できるのでは…と思いますよね。

「私、若い時にはみずみずしい肌をしていたと思うのですが、年齢を重ねるごとに状態が悪くなっているような感じがするのですが…本当はどうなのでしょうか?やはり水は大事なのでしょうか?

女性からのこういう質問はよくありますよね。確かに化粧品次第でもきれいになりますが、化粧品などを試される前に身近な水の効果を試した方が良いですよ。化粧品は皆様の体質、肌質、相性もありますから。それは皆様でじっくり試された方が良いかと思います。

そして化粧品より、まず「」での潤い効果です。水であればコスト自体は安く済みますし、毎日口にするものですから、肌が荒れないようにきれいな肌を保つ方法を試す価値はありますからね。

水は体質改善の基本です。身体の半分以上は水分でできていますよね。ですからまず水に注目することが一番手っ取り早く効果的なのです。もし化粧品や他の美容液など試すのであれば、普段飲む水にプラスアルファして色々試されるのがよろしいのではないでしょうか。

 

水を意識する

肌荒れ解消に大事な水の取り方を考えると、まず「どんな水?」と水の種類に興味が行きますよね。確かにそれも大事ですが、その話は別のページでも触れていますのでここでは一般的な肌に良い水の取り方について紹介していきたいと思います。

最初に芸能人の話をしましたが、芸能人は「何もしてない」とおっしゃるのにしっかりきれいな肌を維持していますよね。確かに何もしていない訳ではありません(笑)絶対何かしらの肌に対するケアがなされているのは間違いありません。
それでも多くの人が心掛けていることがあります。それが水を多めに摂っているという事です。1日2リットルから3リットルも摂る…という人も多いのです。一般の人が1日2リットル摂るとこれは摂り過ぎになると思います

理由は「それだけ身体を動かしていない」からです。芸能人の常に緊張感を持って働き方は日常生活を送っているので、水への摂取のペースが一般人と全然違います。普通の人なら近所のスーパーに寄って買い物に行く際にでもそれほど身だしなみに気を遣わなくても良いところが、芸能人なら少なくともどこで声を掛けられるかわかりませんから、多少メガネや帽子で変装してコンビニに行くことになります。

それでも急に声を掛けられるか、気を張って行動しますよね。常に緊張感を持っているので、一般人とは異なり、のどが渇きがちになり水が必要となってきます。「みんなから見られることできれいになる」ということはよく言われますよね。その通り見られているという意識は大事です。芸能人でも有名になるほど美意識が高まり自然と美しく見られることへ意識が進むのです。

 

芸能人がきれいな秘訣は?

最初に書いた「芸能人は肌のために何もしていませんよ」というお約束の回答は、あながち間違いでないと思います。ただ普段から緊張して、周囲の目を意識しながら日常生活を送るので、それだけ肌が活性化するのです。それと共に飲む水の量も増えますし、新陳代謝も良くなります。まさに「自然にアンチエイジング」している状態になるという訳ですね。

皆様も多めに水を飲んだ方が良いと思います。ですがそれは単に「普段より多めに水を飲む」という事では良い効果は得られません。やはり緊張感を持って生活する、そしてのどが渇く事で水を飲む、これがデトックス効果を高めきれいな肌の維持に繋がるのです。

また肌の性質上の事で言いますと、肌には水分が必要な上に皮下脂肪の一つ一つにたっぷりの潤いが必要ですよね。皮下組織は肌に栄養を運ぶための血管やリンパ管があります。毛細血管からにじみ出た成分がリンパ液となり、細胞やお肌に栄養を届けて細胞からは老廃物を受け取って毛細血管に戻ってくる…というのを繰り返します。つまりこの流れが活発になればなるほど老化を防げるということになります。

肌のトラブルが起こると大変です。場合によっては塗り薬などで治していこうとしますが、いったん吹き出物や肌荒れが起こるとこれはなかなか治り辛くなります。なぜなら最初にも説明した通り、肌のトラブルはそのままご本人の意識を低下させてしまうからです。

自分自身、肌にコンプレックスを感じてしまうと外出するのも憂鬱になりますよね。そういった状態ではマイナス思考の意識が身体全体を覆うので、身体へのマイナス意識が血行を悪くし、身体全体の活動を鈍らせてしまうのです。

元々は肌トラブルの原因がそれらの身体の新陳代謝に問題があるのですから、ますます悪い連鎖反応を呼び起こしてしまいます。芸能人が「肌のために何もしていない」というのも嘘ではありませんが、実は微妙に肌効果運動を行っているのが正しい答えだと思います。

芸能人がきれいなでいる秘訣は、自然に肌を露出しているスポットライトを浴びている良い刺激を受けている。その結果、のどが渇いたときにしっかり水を飲みその水で悪い毒素も出せ良い循環が起こっているからなのです。

もし有名人でも一度肌トラブルになると第一線から退いてしまう事もあります。これは肌トラブル=日常生活でのマイナス要因が、結果そうさせた結果だと思います。一般の方が「スポットライトを浴びる生活」などまずあり得ないと思うでしょう。しかしそういった意識を持って行動したり、生活のワンシーンを演じたりする事はできます。

職場などでも人と会うときに良い笑顔を作ることを意識したりすれば、それで身体の細胞が活性化していくのですから、常日頃よりそういった気持ちを持つことが大切になってきます。

それを続ければ自然に水分が欲しくなります。これが本来のプラス作用の水分補給となります。ただ漠然と水分を2リットル以上飲むというのでは、本来の「循環させて悪い毒素を出す」という目的は達成できません。

この水を欲する身体を作るイメージトレーニングとしては、スポーツをするというシチュエーションも使えます。自分がスポットライトを浴びる時、スポーツ選手をイメージしやすければ、ストイックにスポーツに打ち込む自分に陶酔するのも一つの手ですね。それがイメージできれば自然と水分がほしくなり、身体の内部から肌を若返らせてくれます

肌荒れやニキビなど薬も大事ですが、薬は一時的な修復の意味でしかありません。同様に美しくなるための化粧品も大量に使ったところで、使用した時に効果があるだけで身体の内面からケアすることが重要となってきます。

ミネラルを含んだ美味しい水をしっかり飲む環境作り、そして意識を持って水を飲めば今まで以上に魅力的なうるんだ素肌作りが可能になります。それを踏まえて一日2リットル以上の水を毎日飲める生活ができれば、これほどすばらしいことはありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です