ウォーターサーバーで赤ちゃんがいたずらしないか心配な方へ

9

赤ちゃんのミルクの用意にはお湯が必要です。

今の時代、調乳用のお湯をコンロなどを使ってわざわざ湯沸しする人は少ないでしょう。
市販の調乳用ポットや通常のポット、もしくはそれに変わる便利なウォーターサーバーなどを使用している人が大半を占めます。

最近は特にウォーターサーバーがそのシェアを伸ばしていく一方です。
理由は単純明快で、赤ちゃんのお世話をするお母さんの手間を省くため、便利で手軽さがウリのウォーターサーバーを選ぶ家庭が増えたことにあります。

 

なぜ、今「ウォーターサーバー」なのか?

一昔前なら赤ちゃんのミルク作り用の「調乳ポット」が一般的でした。すぐにミルク用のお湯を用意できるのでかなり重宝されました。
しかし赤ちゃんのミルク用専門ポットということで、授乳期が終わると調乳ポットも卒業ということになり、経済的、効果的ではありませんでした。

調乳ポットはそのサイズからも、授乳期の赤ちゃんミルク用にしか使う機会がなかったのです。
子供が大きくなれば一般のポットがありますので、つまりわずか2年ほどで使う機会はなくなります。
コストパフォーマンス的には絶対必要か?と言われると疑問符が付きそうですね。

なにしろ赤ちゃんの授乳に関しても今やウォーターサーバーが普通に家庭にある時代で、その活躍シーンも多岐に渡るようになっています。
その便利さはこれをご覧の子育てママ同士で何度か話題に挙がっていないでしょうか?

「赤ちゃんがいるお友達の家に遊びに行ったらオシャレなウォーターサーバーがあって、簡単にお湯や水が用意できて調乳用のお湯もこれで賄える」と話を聞いて、羨ましく思ったママさん達も多いようです。

一昔前なら「ウォーターサーバーがおいてある所といえば、有名企業か一般の家庭ならセレブといった限られた家庭での話」との先入観があったはずです。

しかし水そのものや健康思考の方の関心が高まり、ジョギングなど身近なスポーツを取り入れる人が増えた今、ウォーターサーバーも健康を志すための重要な必需品になったと言えます。

一般家庭への普及のきっかけはメーカー提案の無料レンタルが可能になったからです。そんな追い風を受けて赤ちゃんの調乳にもウォーターサーバーで!という家庭も急増しました。

結論を先に言いますと、育児中の家庭ではウォーターサーバーに関しては利点しかなく、欠点を探す方が難しいと言えます。
そのくらいウォーターサーバーは赤ちゃんに必要な水を瞬時に用意可能の便利な設備と思えます。

 

ウォーターサーバーはメリットが多い?ポットとの徹底比較!

コスト的なものや安全性や水質、更には多くのメーカーがあり、多くの商品の中から選べるようになったのも、ウォーターサーバーが一般的になり企業努力の邁進によるものと思えます。

ウォーターサーバーに掛かる費用が手頃になってきたのも同様に言え、経済的に余裕の無い家庭にも使用してもらいたい、という思いからコストダウン競争が行われているのだと感じます。

赤ちゃんや子供が数人いる家庭では確かにお金のやりくりがどうしても大変になってきます。お金も時間にも制約がある中で、多忙日々の生活を送っている家庭がほとんどです。

「時間に余裕ができたら少しでも休憩したい」「横になって仮眠をとりたい」と日々の生活に追われてしまって疲れが蓄積されているお母さん達の率直な気持ちだと思います。

ウォーターサーバーの種類は、赤ちゃんの調乳ポットの比ではありません。

多種の中からどう選んで良いのか、設置後も赤ちゃんがいたずらしないか心配であったり、火傷や事故の危険性はないか…と気になっている方も多いと思います。

赤ちゃん用の調乳ポットならばそういった心配もありました。使用経験ある方ならご存知だと思います。調乳ポットは小型で移動も簡単なのですが保温用のコードが付いていて、常にコードを足に引っ掛けてポットをこぼす危険性があったのです。

危険性を無くす為に赤ちゃんの手の届かないところに置いておくと、今度は高い位置にあるポットを取り出す時にお湯をこぼす危険性があるのです。

これはハンディタイプの耐熱ポット自体にお湯を溜めてしまうことによって、わずかな力でポットごと転倒する危険が生じてくるということになります。ポットと言っても一般のポットとは違ってすぐに外れるようになっている為、赤ちゃんのいる家庭において危険なものに該当するのです。

では一方のウォーターサーバーですが全く危険が無いかと言うと、残念ながら100%そうではありません。
ウォーターサーバーの事故であれば、一番報告されているのがお湯の蛇口の箇所、コック位置を触ることで赤ちゃんが火傷をするケースなどが報告されています。

もちろんウォーターサーバーはポットのように大量のお湯をこぼしてしまうダダ漏れ状態になることはないのですが、金属部分が熱くなっていれば、その位置を触ることで火傷に繋がることもあります。

設置場所をよく考えて赤ちゃんの手の届かないところにウォーターサーバーを設置してあげる…そういった配慮は必要となってきます。
ウォーターサーバーに付いているコード類などもありますので、サーバーの設置に来られた方の意見も参考にして安全な場所に設置したいですね。

ウォーターサーバーの重量ですが平均して15キロあたりが主流となっています。しかしそれに加えお水の入ったボトルも含めれば、かなりの重量になってきます。

ウォーターサーバーは調乳ポットより重量もありますし安定性もあります。ポットのようにひっくり返る恐れはありません。
調乳用のお湯も温度設定すれば出てきますので、調乳ポットと比較すればウォーターサーバーの方が多くの面で断然プラスです。

 

ウォーターサーバーで安心・便利・快適な毎日を!

家族での話題のネタにもなりますし、お父さんにも調乳だけでなく、子育てのちょっとしたことも手伝ってもらいましょう。
ウォーターサーバーを囲んで水を飲むだけで、ホッと癒される空間が演出できるという訳です。
もしウォーターサーバーを導入した際には、赤ちゃんのいる自宅へ声を掛けてお誘いするといいですよ。羨ましがられること必至で、ちょっと鼻高々な気分になれると思います。

ウォーターサーバーに対して色々不安に思っているお母さんも多いようですが、一度設置してしまうと「こんな便利なウォーターサーバー、早くお世話になっていれば良かった!」という意見が圧倒的に多いです。

導入タイミングとしても赤ちゃんが生まれる前、生まれた後、といった時期が設置タイミングとしてはベストだと思われます。
寒暖差が激しいこともありますし、また暑い夏には赤ちゃんの水分補給、汗を拭いてあげるといった場面も一日何度も訪れます。

急なお出掛けの時にも安全な水だけでなく、調乳用のお湯も水筒にすぐに入れられるのは大変嬉しいことではありませんか?
スマートな生活でとにかく安全なウォーターサーバーで、赤ちゃんのいる生活をいい思い出として残せたら嬉しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です